Home » 新台情報 » バジリスク~甲賀忍法帖~絆

バジリスク~甲賀忍法帖~絆

category : 新台情報 2013年12月4日 
納品予定日
2013年1月26日
メーカー
ユニバーサル
タイプ
AT:1セット約40G、純増約2.8枚/G
スペック
機械割
設定1 97.3%
設定2 98.6%
設定3 102.0%
設定4 106.6%
設定5 112.1%
設定6 119.2%

人気の高さから『バジリスクⅠ』『バジリスクⅡ』ともに長期稼動を記録した『バジリスク~甲賀忍法帖~』。そのシリーズ第3弾となる『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』がいよいよホールデビューを迎える。 前作とは異なりAT機とはなっているが、基本的なゲームの流れはシリーズを踏襲しており、AT「バジリスクタイム」は「追想の刻」と「争忍の刻」の2パートで構成。両者をループすることでまとまった出玉を獲得できるぞ。本機ではAT中の新システムとして、「争忍の刻」で戦う人数が決定する際に特定のペアが選択されると「絆高確」と呼ばれる特殊状態に突入。「絆高確」中は擬似ボーナスの「バジリスクチャンス」当選率がアップするぞ。なお、AT性能は1セットが約40Gで、1Gあたりの純増は約2.8枚、ATループ率は25~80%+αとなっており、消化中はセット数やゲーム数の上乗せが発生することもある。 AT中は上乗せ特化ゾーン「真瞳術チャンス」や「バジリスクチャンス」への突入も重要。「真瞳術チャンス」へは「無想一閃」と呼ばれるチャンスゾーンなどから突入し、消化中は瞳術図柄が揃えばセット数ストック、金7が揃えば「真瞳術チャンス」の1G連が確定する。ちなみに、「無想一閃」中の「真瞳術チャンス」突入期待度は約40%で、突入に失敗してもBC当選が確定するぞ。 「バジリスクチャンス」(BC)は、AT中に当選するとAT継続が確定。BC中はレア役を引くとATセット数やゲーム数上乗せ抽選が行われる。 通常時のBCでは、消化中に告知演出が発生したり瞳術図柄が揃えばAT当選確定。AT当選告知演出は、チャンス告知タイプの「弦之介BC」、後告知タイプの「朧BC」、完全告知タイプの「天膳BC」の3種類が用意されており、プレイヤーが任意で選択することが可能だ。また、BCにはバジリスク図柄揃いで発動する「プレミアムBC」も存在。当選時点で高ループATが確定する、その名のとおりプレミアムなボーナスとなっている。

ページトップへ戻る

comment closed