Home » 新台情報 » 麻雀格闘倶楽部

麻雀格闘倶楽部

category : 新台情報 2014年4月24日 
納品予定日
2014年5月25日
メーカー
KPE
タイプ
ART:純増約2.0枚/G
スペック
機械割
設定1 97.1%
設定2 98.5%
設定3 100.2%
設定4 104.5%
設定5 108.1%
設定6 113.2%

2002年に全国のアミューズメント施設で一作目が稼働を始めて以来、オンライン対戦型麻雀ゲームの金字塔として不動の人気を誇ってきた「麻雀格闘倶楽部」がパチスロで登場。
麻雀のゲーム性とパチスロのゲーム性を見事に融合させた、KPE渾身の一作だ。通常時は、リプレイを引くことで麻雀の手牌が進行。そしてテンパイした後にレア役を引くと和了(アガリ)のチャンスとなり、和了できればART突入が確定する。また、和了役の種類でARTの初期ゲーム数が変化し、高い点数の役ほど大量の初期ゲーム数をゲットできる。ART「格闘倶楽部RUSH」は、1Gあたりの純増が約2.0枚のゲーム数上乗せタイプで、消化中は、レア役成立時に「格闘倶楽部バトル」&「黄龍バトル」への突入抽選が行われる。「格闘倶楽部バトル」ではプロ雀士に勝つとオーブがストックされ、その後に発生する「宝珠乱舞チャンス」でそのオーブをまとめて放出、すなわちゲーム数の後乗せが発生する。「黄龍バトル」では、プロ雀士に勝つとオーブを獲得できるだけでなく、上乗せ特化ゾーンの「黄龍RUSH」への突入も約束される。「黄龍RUSH」では、黄龍図柄が揃うたびにゲーム数が上乗せされるぞ。また、最強の0G連上乗せ特化ゾーンとして「真龍CLIMAX」を搭載。フリーズ演出から突入し、レバーを叩いてBARが揃うたびにゲーム数が上乗せされる。0G連継続率は最大80%で、継続抽選に漏れてもその後に発生する2択演出で正解すれば再び0G連がスタートするという、破壊力抜群の上乗せ特化ゾーンとなっている。

ページトップへ戻る

comment closed