Home » 新台情報 » サイバーブルー

サイバーブルー

category : 新台情報 2015年1月24日 
納品予定日
2015年3月15日
メーカー
三洋物産
タイプ
AT純増2.5枚
スペック
機械割
設定1 96.92%
設定2 98.37%
設定3 100.51%
設定4 103.62%
設定5 106.89%
設定6 112.13%

かつて少年ジャンプにて連載された原哲夫原作の漫画「CYBERブルー」がパチスロで登場。原作のストーリーを語る上で欠かせない「融合」という要素が、パチスロにおいても重要なキーワードになっている。スペックは、3種類の擬似ボーナスで出玉を増やすタイプで、ボーナス1Gあたりの純増は約2.5枚。通常時に発生するボーナスは「バイオボーナス」と「サイバーボーナス」の2種類。「バイオボーナス」は、常時約1/118で発生する押し順チャレンジで6択に正解すると発生し、1セット15G継続。必ず2セット以上継続し、主人公のブルーがバトルで倒れない限りセット継続となり、敵を倒すことができれば「融合ボーナス」が発動する。「サイバーボーナス」は通常時のレア役成立などを機に発生。初期ゲーム数は40~150Gで、ボーナス中は内部的に赤7が成立(確率は約1/118)すると押し順チャレンジが発生。ココで押し順を当てることができれば「融合ボーナス」へ突入するぞ。なお、ボーナス中の最初の赤7成立時は100%ナビが発生するので、いかに初期ゲーム数内で約1/118の抽選をクリアできるかが勝敗の分かれ目となる。大量出玉獲得の要である「融合ボーナス」は、本機ならではの斬新な継続システムを有している。「ブルー強化ゾーン」と「ブルー死闘ゾーン」を行き来する2部構成となっており、まずは5~15G継続する「ブルー強化ゾーン」からスタート。この「ブルー強化ゾーン」では、ベルが成立すると必殺チャージポイント、リプレイ成立ならディフェンスポイントを獲得し、ブルーが強化される。そして規定ゲーム数を消化すると「ブルー死闘ゾーン」へ移行し、ブルーとジェイダのバトルが展開。バトル中は対峙画面で成立する小役が重要で、ベルorレア役成立だとブルーが攻撃し、敵を倒せば再び「ブルー強化ゾーン」へ突入、倒せない場合は「ブルー死闘ゾーン」が継続。逆に、対峙画面でリプレイが成立すると敵の攻撃となり、ディフェンスポイントが減少する(攻撃を回避すればディフェンスポイントは減らない)。ココでディフェンスポイントが0にならなければ、「ブルー死闘ゾーン」継続となり再び対峙画面へ移行する。なお、対峙画面でリプレイが成立しても必殺チャージポイントが2000以上残っていれば、ブルーの攻撃が発生して逆転勝利となることがあるぞ。

ページトップへ戻る

comment closed