Home » 新台情報 » ハイスクールD×D

ハイスクールD×D

category : 新台情報 2015年9月12日 
納品予定日
2015年11月1日
メーカー
KPE
タイプ
ART純増2.0枚
スペック
設定1 96.9%
設定2 98.1%
設定3 99.9%
設定4 104.1%
設定5 107.1%
設定6 112.7%

累計発行部数300万部超でアニメ化もされた人気ライトノベル「ハイスクールD×D」が、KPEからパチスロとなって登場。セット継続タイプと、ゲーム数上乗せタイプの2種類のARTが出玉の波を作り上げるART特化タイプのパチスロだ。通常時は、周期ゲーム数到達で突入するチャンスゾーン中のバトルで勝てば擬似ボーナス「サービスタイム」(ST)に当選。STは30G継続し、消化中にBARが揃ったり演出に成功するとART当選となる。なお、ST当選時のART突入期待度は50%超だ。ARTはまず、エピソード継続型の「ディアボロスドライブ」からスタート。1セット40G+α、1Gあたりの純増は2.0枚で、ARTのラストで発生するエピソードバトルで勝てばART継続&エピソードが進行。そして5つのエピソードをクリアするか、もしくはART中にレア役成立などを機にピースを12個集められれば「エクストラバトル」が発生し、このバトルで勝利するとゲーム数上乗せ型ARTの「エクステンドドライブ」に突入する。「エクステンドドライブ」は上乗せ特化演出から始まる。まず「魔方陣RUSH」で魔方陣をストックし、RUSH後は「召喚アタック」に突入してストックした魔方陣を上乗せゲーム数に変換。そのゲーム数をもって「エクステンドドライブ」がスタートするぞ。なお「エクステンドドライブ」中も上乗せ特化演出に突入する可能性があり、この上乗せ特化演出と「エクステンドドライブ」のループが大量出玉獲得のカギを握るぞ。また、本機はBAR揃いがあらゆる場面で出現。例えば通常時に揃うと周期ゲーム数短縮の大チャンスとなったり、CZ中ならST確定、ST中ならART確定となったりなど、様々な場面で重要な役割を担うものとなっている。

ページトップへ戻る

comment closed